不愉快になってしまう表現があります。それを承知の上でしたらのご覧ください。


by suigin-sasori

見たい人だけみてねという文章を書いてみた。

あの24時間TVが終わったみたいですね。
偽善番組が終わったネェ~



流石に偽善番組と思われてもしょうがない組み合わせで私はあまり興味はなかったけど完全にないわけではないのでちょこちょこっと見ていた。
私自身も障害者なのであの番組は気になるところではあるが・・・やっぱりやることがしょっぱく感じる。だって・・・、失明の障害者のトライアスロンって誰得?
むしろあの番組で出てきた障害者ってその後の人生に変化があるのか・・・私は疑問に思う。
まぁ・・・正直に言ってしまえば僻みもある。なぜなら「私も障害者なんですが・・・」という部分がある。
大変恥ずかしい話ですが・・・、私も障害者なりにがんばっているんですよ。
私の場合右手が障害もっているわけです。私は「両手が使えない悔しさ」があります。でも努力しだいでなんとかなります。それは「自分で努力して勝ち得た結果」であって「TVのチカラ」ではないのです。先ほどTvに出ている人対して僻みがあると申しましたが・・・よくよく考えると「自分で何とかしなくちゃいけない」という考えがなければ今の私はなかったと思います。
ちゃんと車(MT)の免許もとれましたし、パソコンだって実質片手で打てばなんら影響もない(両手でも打てますけどね)。

音楽シュミレーションゲームも出来ます。
実際努力でpop'nはクリアLv平均38ですし、ドラムも60台ならクリアできます。
それでも評価されないのでpop'nに限ってですがヒドゥンサドゥンかけてクリアできるように努力しました。
今になってはもう評価の対象ではないみたいですがね・・・
(*評価=注目度と思ってください)

結局・・・プレイが気持ち悪いから見てらんないって感じになるのかな・・・と思ってしまう・・・。
結局さ、音ゲーなんてほとんど独学で目標となる人はポツポツいたけど・・・共演とか競うとかってなかった。なんというか・・・孤独だって感じてましたね。音ゲーに関してはですが。

社会人になって思ったのは「学生時代に共通の趣味を持った友達を一人でも集めないとすっごくつまらない社会人生活になる」ということかな。

話が脱線してしまいました。
まぁようするに、「Tvのチカラで努力したように見えてしまって面白くない」と私は感じてしまう。
たとえその人が本当に努力していたとしても、演出しだいでそれも曇ってしまうから・・・。
[PR]
by suigin-sasori | 2010-08-29 22:31 | 雑談